スギ、カラマツは、現在、日本各地の山で育っています。
「身近な山の木シリーズ」は、スギ・カラマツ独特の表情、手触りの柔らかさ、
軽さ(特にスギにおいて)を暮らしの中で、より身近に感じられる家具ができな
いかと、椅子を作り始めたのがきっかけでできたシリーズです。

これらの木 は、色や木目の個体差が大きいのが一つの特徴であり、一脚の
椅子ごとに、違った表情が現れます。また、手触りが柔らかく、それ故に傷が
つきやすいという側面もあります。暮らしの中でできる傷やへこみを、かつて
の小学校の机や古道具にみられるような 長い年月の中で育まれる味わいと
して感じていただき、毎日の暮らしの中で、日本の森林で育った木、そして、
木を育てた森林のことを、ほんの少しでも感じながらお過ごしいただければ
幸いです。


スギ 針葉樹 スギ科

本州の北部から四国・九州・屋久島まで分布。
日本固有の常緑高木。気乾比重は0.3〜0.45程度(比較的柔らかく、軽い)。
スギは日本を代表する針葉樹で、古くから日本人に身近な素材として有用
(建築材、酒樽など)された。成長が早いことから、戦後各地で大量の植林
が行われた。現在、伐採期を迎えた木が豊富にそろっている。スギの名の
由来は「直ぐ」からきているとも言われる。その素直さが表れた木目、心材
(白太)、辺材(赤身)の色の差が明らかなのが特徴である。
現在、環境に対する感心も高まり、日本各地でスギを見つめなおす活動が
広がっている。

カラマツ  針葉樹 マツ科 
天然林は本州北部から中部にかけて、人工林は北海道、東北地方、本州
中部の寒冷地などに分布。気乾比重が0.45〜0.6と針葉樹の中では、高い
(比較的堅さがある)。落葉針葉樹である。
成長が早いカラマツは、将来の建築用材として、戦後に大規模な造林が行
われた。主に、工事現場で足場板などの用途で使用されたが、金属や工業
製品があっという間にカラマツの位置に取って代わった。長野県の代表的
な木として知られている。現在、伐採期を迎えた木が豊富にそろっている。
ヤニが出やすく、割れ、反り、ねじれ易いことから嫌われる材料であったが、
乾燥技術の開発により、それらは軽減され、建築材や家具など様々な用途
で使用され始めた。
AC CRAFTで使用しているカラマツは主に岐阜県飛騨荘川産。



 

 
 
  AC CRAFT
   
  おしらせ
   
  AC CRAFTについて
   
  100%気まぐれノート
   
 

家具 ORIGINAL

   
  家具 ORDER MADE TABLE 
   
  SHOP / ACCESS
   
  MAIL
 
         

copyright(c)2005 AC CRAFT All Right Reserved